特定非営利活動法人こども手づくりプロジェクトは、こどもたちに手芸を主としたものづくり体験と発表の場を提供し、こどもたちの発想力・創造力・表現力の向上を目指し、健全な次世代の育成を目的としております。
手芸といえば、本来家庭で手軽にできるものであり、これまでは家庭の中で覚え、成長とともに自然と技能を身につけていくことができましたが、昨今では核家族化や家庭科の時間数の減少による影響などもあり、こどもたちが手づくりをする環境が乏しくなってきています。
このような状況下、今日に必要であるのは家庭と教育機関の間に立つ第三の存在ではないかと考え、その担い手の一つとなるべく、私どもは当法人設立を決意いたしました。
ものがあふれる現代においては、自らものづくりができずとも生活に不自由は感じないでしょう。しかし、文明は天変地異やその他災害などで脆く崩れ去るものでもあります。人が人らしく生きるためには、道具を使ってものをつくる能力が必要不可欠です。
日本の将来を担う大切なこどもたちが自身で自分の身を守り、豊かな生活を送るために、今一度ものづくりの大切さを見直すことはとても重要なことではないでしょうか?
当法人が活動を続けるためには、保護者の皆様や、地域住民の皆様、教育機関各位のご理解とご協力・連携が必要不可欠です。当法人会員一同、全力を挙げて努める所存でございますので、何とぞ当法人の目的への深いご理解と、ご指導・ご鞭撻、叱咤激励を賜りますようお願い申し上げます。

特定非営利活動法人こども手づくりプロジェクト
理事長  濱中 知子